宗像高校同窓会 各支部のご紹介

東京支部

東京支部写真

 平成 30 年度の東京支部総会・懇親会は、10 月 28 日(日)に上野の「東天紅」にて 173 名の同窓生が参加し、盛況の内に終了しました。
 第⼀部「総会」では、まず森支部⻑の後任に⽵⻄副支部⻑が新支部⻑として承認されました。 続いて、来賓の⽵井同窓会会⻑、三宅宗像高校校⻑からの御祝辞、百周年記念募⾦のお願い、JR 新駅設置の署名協⼒依頼などがありました。
 事務局からは、遠藤事務局⻑が支部の年間の活動報告と収支報告を⾏い、⽟城副支部⻑からは監査報告、花⽥監査委員から「宗高百周年」東京支部⾏事と支部の新しい活動内容などの報告がありました。
 第二部「特別講演」では、前宗像大社宮司の高向正秀様(昭 43 卒)より、「宗像大社と世界遺産」というテーマで、神郡宗像の歴史からひもとき沖の島の遺蹟や信仰について詳しくお話しいただき、改めて "郷⼟の誇り"の存在を認識できました。
 第三部「懇親会」では、最年⻑の廣嶋⽂武さん(昭 20 卒)の乾杯のご発声を⽪切りに、アトラクションでは、東天紅様からご提供いただいた賞品付きクイズ、三好正⼀(昭 50 卒)夫妻のユニット演奏と続き、盛り上がりも最高潮に達しました。
 その後、15 名の大学生らの⾃⼰紹介が⾏われ、最後に当番幹事の引き継ぎ式で法被の交換が⾏われました。 舞台上にも各テーブルにも、みんなの笑顔と笑い声が溢れていました。
 最後は校歌⻫唱とともに、⽟城副支部⻑の⾳頭で万歳三唱をもって会を終了しました。今年の総会は各学年幹事の皆様のご尽⼒もあり、予想外以上に多くの同窓生が集まり、来年の⺟校創⽴100 周年への弾みがついたように思います。
 最後になりましたが、今年の昭和 47 年卒と 55 年卒の当番幹事の皆様おつかれさまでした。楽しく盛大な会にしていただき、本当に有り難うございました。
 来年は⺟校創⽴ 100 周年に合わせ、今年以上に盛りだくさんのイベントを計画しております。 本年同様に、皆さまのご協⼒とご参加をお願い申しあげます。

東京支部 事務局

東京支部ホームページ

 

関西支部

関西支部写真

 関西支部総会と懇親会を2018年11月10日(土)にホテル阪急インターナショナル(大阪梅田)にて開催いたしました。同窓会本部より竹井会長、江口副会長、遠藤書記、母校より三宅校長先生にご来賓として出席頂きました。また東京、鹿児島、愛知県、岐阜等の遠方から5名も参加して頂きました。
 今回の参加者は、初参加者9名を含む総数52名(男性35名、女性17名)となり、昭和28年卒から平成30年卒までと幅広い世代が集い、現役の大学生4名も参加し、会場内には100周年記念事業募金活動ポスターも掲示し、賑やかな総会・懇親会になりました。
 総会ではまず全員で物故者に黙祷をささげ、続いて川端支部長から皆さんに配布した資料特に100周年の記念募金を「ふるさと納税」を利用した寄付説明から、地元で活躍されている今年の文化功労者受章の新海さん、木製スピーカー開発の石原さんの紹介等を説明し、山中会計担当からの会計報告、 その後、竹井同窓会会長の挨拶、続いて三宅校長により母校生徒の輝かしい活躍の様子や東郷と赤間の間に新駅を設置する為の署名活動のお願い等の話しがありました。
 懇親会は昭和28年卒の西村様の音頭による乾杯で始まり、楽しい歓談へと続きました。その後ビンゴゲームを行い、1等の商品券や故郷のラーメン、お菓子、ドレッシング等の賞品を目指し、又今年はジャンケン大会でも大いに盛り上がりました。それから遠方からの参加者を中心に皆で円陣を組んで校歌を、続いて昭和45年卒業の藤井さんのギター伴奏で「今日の日はさようなら」を合唱しました。そして学生の長嶋さんによる三本締めの後、4名の学生でジャンケンし、優勝者に大阪の家庭には必ず1つはあるとされる「たこ焼器」が贈られました。
 最後に全体の集合写真を撮り「今日の日はさようなら・また会う日まで」と来年の再会を誓い閉会となり、今年も又あっという間の3時間でありました。
 次回も更にたくさんの同窓生に参加して頂ける関西支部でありたいと思います。

<来年度開催の同窓会>
日時:2019年10月26日(土) 12時30分開宴予定
場所:ホテル阪急インターナショナル

同窓会関西支部

 

福岡支部

福岡支部写真

 平成30年11月11日(日)に八仙閣本店において、平成30年度福岡支部総会を117名のご参列をいただき盛会の中で終えることが出来ました。
 総会において和田勝幸支部長、竹井淳同窓会長、川島照亮100周年記念事業実行委員長のご挨拶をいただきました。特に2019年は母校の創立100周年を迎えるため、今次総会では全国展開中の「第2次全国一斉募金活動へのご協力依頼」が皆様のお話の主題となりました。
 福岡支部としても全国一斉募金活動へ全面的に協力中です。会場内には20枚のポスターを掲示し、A4両面カラーの①「キャンペーン標語」②「ふるさと納税図解」チラシ、③「依頼文書」を参列者全員に配布。特に、参列の中心である65歳以上の方にはこの機会の配布に限られるため7分間の事務局説明を実施しご理解を深めていただきました。
 13回卒内藤直徳前支部長の乾杯の音頭で開宴した大宴会においては、クラブ活動紹介の中で現在ブラスバンド部顧問の42回卒の三好陽子先生と55回卒麻生庸介様による生演奏は大好評でした。一昨年からのクラブ活動関係(H28野球部・H29バスケット部・H30ブラスバンド部)、本年度創設の宗高ビジネス懇話会(詳細はホームページ検索「宗高懇話会」)関係の新たな参列もあり大学生から若年、中高老年と幅広い層の賑わいが見られました。
 各テーブル毎の談笑に包まれ、終盤は多くの商品を準備してのビンゴゲームで会場は大いに盛り上がり、最後は15回卒の田中秀孝様の閉会の辞で幕を下ろしました。
 なお、2019年度だけは本部主催の「宗高創立100周年記念同窓会総会・懇親会」に福岡支部総会は包含することし別途の行事は行いません。よって、次回の福岡支部総会は2020年11月を予定しています。(後日、福岡支部ホームページに掲載)

事務局長 23回卒 加藤 和久

福岡支部ホームページ

 

北九州支部

北九州支部長写真

 北九州支部では、定期総会を10月14日(日)11時より、かんぽの宿(北九州市若松区)にて開催いたしました。
 当日は学校長・同窓会長をはじめ沢山の来賓の参加をいただきありがとうございました。
 総会では事業報告を行い、今後の活動方針を報告し、予算決算についても、了承を得ました。 100周年の行事に対する活動内容や学校の現況なども、学校長・同窓会長よりご説明を受け、母校に対する理解を深め、100周年行事に対しての、更なる協力をすることを誓いました。
 総会終了後は、懇親会を開催し、学校のクラブ紹介やカラオケ・ビンゴゲームを行い、会員間での楽しい会話や、高校時代の思い出の話で楽しい時間を過ごしました。
 当支部では、北九州市・遠賀郡の在住者を中心に活動を続けていますが、今後は活動広報に、さらに力を入れ、会員間の相互理解を深める活動を進めてゆきます。
 また、会員皆さんの意見をお聞きする中で、活動の方向を広げ、より良い同窓会活動につなげたいと考えています。

北九州支部長 今井 保利


宗像市役所支部

宗像市役所支部長写真

 宗像高校宗像市役所支部は、宗像高校同窓会初の職域支部として発足して、5年が経過しました。平成30年4月現在で、129人の組織です。定年退職者も順次出ているところですが、宗高出身の新入職員が平成28年度は4人、平成29年度は5人、平成30年度も5人と続々と入庁してきており、喜ばしい限りです。
 宗像市役所は、毎年、さまざまな形で職員を募集しております。宗高出身者のみなさまにもぜひ、宗像市役所を受けていただき、入庁していただけたら、頼もしい支部の先輩職員がバックアップしていきます。何卒よろしくお願いいたします。

宗像市役所支部長 吉川 弘達

 

2019年度支部総会予定

東京支部  2019年度総会・懇親会
※決定次第、お知らせします

関西支部 2019年度総会・懇親会
日時:10月26日(土) 12時30分開宴予定
場所:ホテル阪急インターナショナル
住所:大阪市北区茶屋町19-19
TEL:06-6377-2100

福岡支部 2019年度総会・懇親会
※決定次第、お知らせします

北九州支部 2019年度総会・懇親会
※決定次第、お知らせします

宗像市役所支部総会・懇親会
※決定次第、お知らせします

同窓会幹事会・委員会などの開催日

第2回 幹事会開催予定のおしらせ

第2回 幹事会開催予定

日時:平成30年12月1日(土)14:00~
場所:宗像高校 四塚会館2階大会議室
幹事の皆様には、後日ハガキにてご案内します。

本部総会・懇親会が開催されました

平成30年度総会

平成30年度本部総会・懇親会が大盛況‼

平成時代最後の本部総会が開催されました。 記録的な災害をもたらした西日本豪雨の後の、例年にない酷暑の中で、平成30年度本部総会・懇親会が7月22日(日)に宗像ユリックスで開催されました。
100周年記念の前年の総会なので、当番幹事の34回・44回の皆さんが大勢駆けつけてくれて大盛況でした。懇親会の後、来年の記念総会の当番幹事35回・45回に引き継ぎ式をしました。今年の幹事さんお疲れ様でした。来年の幹事さんは100周年ですから大いに期待しています。
 今年は例年と異なり、総会と懇親会の間に、記念事業成功に向けた「総決起集会」を開催して意識を盛り上げました。募金額が目標の約半分ですので、「ふるさと納税」の有効期限を一年間延長して来年8月末までとします。したがって、今年の12月末までに募金をしていただいて、年明けの2月に確定申告をされると「ふるさと納税」の適用になります。
 さらに、来年の1月から8月までの募金については、その翌年の確定申告を利用してください。 特に、サラリーマンの方の大部分は2,000円の出費で50,000円の寄付が出来ます。目標達成のため皆様のご協力をお願いします。

平成30年度総会


平成30年6月9日(日) 臨時実行委員会(県内)の報告

日時:平成30年6月9日(日)10:00~
場所:四塚会館

100周年記念事業を成功させるため、昨年9月から1年間の計画で募金活動を推進してきましたが、9カ月経過した現在でもまだまだ不十分な状態です。そこで臨時に実行委員会を招集して、皆で再度意識を高めて行動を起こすために計画しました。      
・川島実行委員長からこれまでのお礼と更なる今後の尽力の要請
・記念事業部から事業内容の具体的な説明
・広報部から事業のPRについての説明
・募金推進部から現状と今後の募金推進活動について
 総会後に出席者、幹事会、実行委員会合同の総決起集会を開催
「ふるさと納税」の1年間延長

出光佐三翁命日に墓参しました

平成29年度総会 出光佐三翁の命日3月7日に、墓参される川島名誉会長と竹井会長

平成30年3月3日(土)第69回卒業式が行われました

平成29年度総会

平成30年3月3日(土)に第69回卒業式が行われ、317名の生徒が宗像高校を巣立っていきました。
竹井同窓会長より 卒業生のみなさんへお祝いのメッセージが送られました。


 平成二九年度 宗像高校卒業式祝辞 
 皆さん、卒業おめでとうございます。そして、ご家族の皆様の喜びもいかば
かりかと思います。同窓会を代表して一言お祝いを申し上げます。
 私は宗像高校十二回生で、旧制中学時代に建てられた木造校舎で学びました。そして、卒業式では皆さんと同じ制服を着て、そちら側に座っていました。自分の宗高時代を思い出し、どこか懐かしく、嬉しく、不思議な気持ちでこの場に立っています。
 ご承知のように宗像高校は、一九一九年に五年制の旧制中学として創立以来、約百年の歴史と伝統を持っており、来年には創立百周年記念事業を計画しています。
 一口に百年といいますが、元号も大正、昭和、平成と変わり、校舎も三度建て替わりました。時代の流れとともに生徒の気質と地域の環境も大きく変化しましたが、四塚の峰は宗高生を温かく見守り続けてきました。そして、質実剛健・自彊不息の精神は脈々と受け継がれています。

 さて、今年のNHK大河ドラマは「西郷どん」ですが、坂本龍馬が薩摩藩の西郷隆盛に会った後でこう言ったそうです。「われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘の如し。(大きな釣鐘のようだ)小さく叩けば小さく鳴り、大きく叩けば大きく鳴る。」
 今まで皆さんは学校という温室の中で守られていましたし、相談に乗ってくれる先生や友達がいました。しかし、明日からは違います。常に、自分自身で教養を深め、豊かな人間性を育む努力をしなければなりません。これからが本当の人生です。新しい世界で多くの人との出会いが待っています。皆さんの周りに現れる全ての人が西郷隆盛なのです。
 レベルの低い質問にはそれなりの答えしか返ってこず、レベルの高い質問には必ずレベルの高い答えが帰ってくるものです。龍馬の言葉「小さく叩けば小さく鳴り、大きく叩けば大きく鳴る。」の意味はここなのです。これからの人生の指針にしてください。

 最後になりましたが、宗像高校創立以来、卒業生も三万四千人を超え、各地で活躍されています。同窓会も本部のほかに東京、関西、福岡、北九州、宗像市役所の五支部があり、毎年、総会と懇親会を開催しています。活動状況は宗像高校同窓会ホームページで検索してください。そして、気楽に近くの支部総会に参加してください。お待ちしています。
 それでは、卒業生の皆さんの輝かしい未来に幸多からんことを祈念して祝辞とします。

平成三十年三月三日  
福岡県立宗像高等学校 同窓会長 竹井 淳