同窓会長挨拶

宗像高等学校同窓会
会長 竹井 淳(昭和36年卒)

学校長写真

ご挨拶

 令和3年度が始まりましたが皆様ご健勝のことと拝察します。昨年は新型コロナウィルスの感染拡大により、世界中がその対策に苦慮しました。1年延期されたオリンピック東京大会も厳しい条件の下で実施する予定のようです。今年は感染力の強いコロナウィルスの変異株が主流となり、昨年に引き続き博多どんたくも博多祇園山笠も中止になりました。三密を避けながら、手指の消毒とマスクだけでは完全に防げなく、外国の実績から見てもワクチンが最後のそして有効な手段だと思われます。医療関係者から始めて高齢者が打ち終わるのが7月下旬と言われていますが国民の大多数がワクチン接種するのはかなり先のようです。 
 同窓会活動においては、今年度も色々と制限がかかり従来通りの行事が実施できないことが予想されます。その時々の情勢を見ながら判断していきたいと思いますので、ご理解とご協力をお願いします。
 昨年はコロナの影響で中止しました同窓会総会も、今年は当番幹事と相談しながら新しい形の総会を実施する予定です。詳細については後日HPや同窓会報でお知らせしますのでよろしくお願いします。
 今年の人事異動ですが、深瀬校長が栄転され、新しく伊藤啓一校長が着任されました。伊藤校長は宗像高校において、教諭や教頭として長く勤務されましたのでご存じの会員の方も多いと思います。学校行事も少しの制限はつきますが、4月7日に宗像中学・宗像高校の合同入学式が整然と実施され順調に動き出しました。コロナとの戦いを早期に収束させ、生徒にとって正常な学校生活を送らせたいものです。
 最後になりますが、百周年の募金活動にご協力いただきました、すべての同窓会員の皆様、賛同された地域や企業の皆様に対して厚く御礼申し上げます。今後とも宗像高校に対して温かいご支援をお願い申し上げます。
 宗像高校同窓会ホームページを立ち上げてから3年になりますが、同窓会報などが届かない方はスマートホンやパソコンでご覧いただき住所変更をお願いします。
それでは、会員の皆様のご健勝とご活躍を祈念してご挨拶といたします。